JAPICA(Japan Pilates Coach Association)

あなたも特別開発された「ピラティス指導者」に!

JAPICA指導者コース 修了生の声

JAPICA公認マットピラティスコーチ 佐々木尚也さん

僕の思うピラティス

僕は、理学療法士です。3年目でピラティスのインストラクターを取得しました。「体幹」は脳の障害患者の治療、高齢者でのエクササイズ、主婦層のダイエットメニュー、スポーツ選手のトレーニングと、さまざまな領域で活躍していると感じています・・・。どの分野・年齢層をとっても体幹は大事ものなのではないか?と思ったのが最初のきっかけです。そんなときに、ピラティスと出会いました。単なる体幹のエクササイズと思っていましたが、「バランス良い体作り、姿勢を矯正し、心と身体を集中させることによって筋肉を調整させる」という『コントロロジー』の言葉の奥深さを学び、心と身体がつながっていているという根本に気がつきました。ピラティスをすることで、きれいな身体だけでなく、きれいな心にもなれる。それこそが、ピラティスの醍醐味です。

ピラティスとリハビリ

ピラティスなんてリハビリ治療で使えないんじゃないの??と思われがちですが・・・。 しかし入院の患者さまでもピラティスの呼吸を取り入れることでバランス能力が向上したり、筋肉を和らげることができます。 確かに、ピラティスの胸式呼吸は脳血管障害の患者には、意外と難しいと思います。しかしながら、JAPICAの腹式呼吸・ベルビックカールはとても治療効果があると現場で感じます。

ピラティスの仲間

JAPICAはホントいろんな方と出会うことができます。 ピラティスをどう自分の仕事・活動に活かしていくのか?それもさまざま。だからこそ刺激をうけるし、明日への活力になりました。 継続学習プログラムで、みんなに再会できたことがすごくうれしかったし、楽しかった。 JAPICAの受講生は、北海道・東北・関東・中部・関西・九州といろんなところにいます。 「日本中に仲間がいる!」この感覚を感じることができたとき、心の奥からものすごいパワーが沸いてきます。 もしかしたら、エクササイズだけではなく、心から元気になれる!そういうことがピラティスなのかもしれません。 そういう気持ちになれたのもJAPICA・受講生との出会えたからです。 だからこそ、感謝しています。   みなさんも一緒にピラティスしながら、感謝しながらhappyな人生送りませんか??

ピラティス指導者コース修了生の声「僕の思うピラティス」 ピラティス指導者コース修了生の声「魅力にみるみる引き込まれて」
ピラティス指導者コース修了生の声「初心者で会社員の私だけど」