JAPICA(Japan Pilates Coach Association)JAPICAピラティス指導者資格コース

あなたも特別開発された「ピラティス指導者」に!

よくあるご質問(資格コースについて)

Q.資格コースの受講にあたり、受講条件はありますか? 初心者でも大丈夫ですか?
A.様々なレベルの受講生に合わせて、段階的にピラティスを学べるよう、入門コースとしてのマットピラティスベーシックコースから、指導者として高い知識と技術を身につけることができるマットピラティスアドバンスコース、各種マシンピラティスコース、そして、ピラティスを深く学び、指導者育成に関わりたい方の為にマスターコースをご用意しております。
Q.資格コースは、どのような方が受講しているのでしょうか?
A.ピラティスは、老若男女、幅広い運動経歴の方々が実践する事が可能なエクササイズです。したがって、JAPICA資格コース受講の理由は様々です。主婦の方からダンサー、理学療法士、企業経営者、ビジネスパーソン、アスレティックトレーナー、現役選手、教師の方など、様々な経歴の方がいらっしゃいます。受講者の年齢も様々です。
Q.合格率はどれぐらいですか。テストはどのようなものが出るのでしょうか?
A.マットピラティスベーシックは、すべての講義と実技を受講後に、確認テストをおこない、修了証を発行します。基本的に、ベーシックコースはすべての皆様が修了できますが、修了後も、継続的にピラティスを実践し、学び続けていただくことを推奨しています。また、マットピラティスアドバンスコースは、JAPICA公認指導者としての資格証を発行いたしますので、指導者として確実に理論と実践を理解しているかどうかのテストをおこないます。基本的にコースで学んで頂いた内容を筆記テストと実技テストで確認しますので、しっかりコース期間中に復習していただければ大丈夫です。復習していく期間中(インターン期間中)には、ヘッドマスターコーチがサポートします。万一、不合格になりましても、追加のレッスンをおこない再試験に備えていただきます。
Q.インターントレーニングとは何ですか?
A.インターントレーニングとは、講義で学んだことを実際に指導者になったときのことを仮定して、指導実践していくトレーニングです。インターントレーニングでは、エクササイズの復習、エクササイズのモディフィケーション、タッチング、リードの練習、補正の仕方、何らかの疾患がある方に対しての指導方法などを実践的に学びます。さらに、実際のレッスンを想定したプログラムの組み立て方や解剖学をベースにした姿勢の見方など、指導の実践ですぐに必要になる知識も磨きます。
Q.どのような服装で受講すればいいのですか?
A.動きやすい服装でご受講下さい。靴は不要です。
Q.資格コースにはマットなど持っていくものはありますか?
A.受講校にて異なって行きますので、お申し込み時にご確認ください。
Q.資格を取得した後は、どんな進路がありますか?
A.JAPICA公認指導者として、自身のレッスンスタジオをオープンしたり、カルチャースクールなどで活躍することが可能です。なお、JAPICA指導者資格を発行できるマスターコーチの資格も習得すると、更に活躍の幅が広がります。詳しくは直接お問い合わせください。
Q.資格取得後に各公認スタジオで働くことは可能ですか?
A.各スタジオに直接お問い合わせ下さい。
Q.理学療法士、アスレティックトレーナーなどの資格保持者がこの資格を受講する際、講義の免除などはありますか?
A.いくつかの内容が重複する可能性のある講義内容については、免除制度を現在構築中です。詳しくは直接お問い合わせくださいませ。
Q.資格コース受講中に何らかの事情で受講継続ができなくなった場合、キャンセルはできますか?
A.資格コーススタート後のキャンセルは一切できません。また、料金返却もできませんのでご了承ください。キャンセルポリシーはこちらをご確認下さい。
Q.JAPICA指導者資格取得後には、どのような技術的なフォローがあるのでしょうか?
A.定期的に、資格卒業生には、様々な継続学習プログラムを開催します。詳しくは直接お問い合わせくださいませ。